そうだ、アルフィーを聴こう

THE ALFEEの曲の感想をちまちまと。コメント&TB大歓迎

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
80年のアルバム「讃集詩」に収録。ボーカルは高見沢。

重た~いフォークソングです。元気があるときに聴きましょう。落ち込んでいるときに聴くとほんのり死にたくなってしまうような歌です。

一応どん底から這い上がっていく歌ではあるんですが、何せ手首を切る歌ですからねぇ・・・。
消え行く意識がどうのこうのとか、手首の傷がどうのこうのとか。

ライブ版も出てます。間奏のアコギがとても格好良い。

スポンサーサイト
コメント

好きな曲のひとつですが、ちょっと歌詞が大げさのような。「ありがとう、捨てられて、私は変わった」・・・私にはそんな強さはないなー。
2006/03/31(金) 13:59:06 | URL | pistondaring #-[ 編集]

僕には手首を切るような意志の強さもありません。痛いのはするのもされるのも嫌ですからねぇ。
2006/04/16(日) 23:51:27 | URL | outside_hill #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://outsidehill.blog35.fc2.com/tb.php/65-1421f91e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
懐かしのフォークソングの名曲のレビューが一杯!
60年代後半から70年代初頭にかけて日本の若者の心をとらえたヒット曲から伝説の名曲まで。思わず胸が熱くなるような、青春のサウンドを集めました。
2006/02/28(火) 03:27:09 | 日本フォークソング大全
LuxuryMail
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。