そうだ、アルフィーを聴こう

THE ALFEEの曲の感想をちまちまと。コメント&TB大歓迎

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20周年アルバム「夢幻の果てに」収録。最初から最後まで3声コーラスで突っ走ります。

「アルフィーに興味はあるんだけど、どれから聴き始めるのがイイのかなぁ?」とお悩みの方。このアルバムから入るのは如何なものかと思います。名曲揃いですが、濃過ぎる曲ばかりなので評価は「大好き」か「大嫌い」の真っ二つに割れそうな感じ。一曲目から暗いし重いし、相当な鬱展開です。僕も昔は嫌いなアルバムでした。

で、そのアルバムの中で群を抜いて濃厚なのがこの曲。
前奏から変拍子の連続。音楽の仕組み(?)に疎い僕、少し調べてみました。するとイントロは5/8と6/8の繰り返しに3/4が続いて、5/8と6/8の繰り返しに3/4が続き、5/4と6/8の繰り返しに3/4が続いていくみたいです。
歌詞のテーマも学生闘争なんで異様にヘヴィー。

文章じゃどうにもならないんで、どうにかして聴いてみましょう。物凄い衝撃を受けるコトを保証します。聴く価値があるなんてもんじゃありません。こんな凄い曲があるコトを知らないでいるのは人生結構損してます。

生で聴くと感動します。

スポンサーサイト
コメント

夢幻の果てにというアルバム自体は正直あまり好きではないのですが(笑)、この曲は大好きです。
秀逸はニューヨークコンサートでしょうか。幻想的な夕日をバックにイントロが始まるのですが、初めて見た時はメチャメチャ感動したのを覚えています。
2005/12/31(土) 00:29:23 | URL | Hiromiti #9MYeezi6[ 編集]

ニューヨークのDVDは高くて手が出ませんのですよ。観たいけど1万円はチョットなぁ・・・。
2005/12/31(土) 16:31:28 | URL | outside_hill #-[ 編集]
夏のイベントでこの曲を聴きました。
何度か書きましたが、私はあまり変拍子が好きではないです。しかしこの曲を夏のイベントで聞きました。(詳しくは覚えていないのですが、千葉のポートパークで開催されてたイベントです。)この曲って最初から最後までずっと3声でハモリっぱなしですが、これをライブで聴くと、超圧巻!!!!!!彼らの演奏がライブの演奏的にはそれほど上手ではないと、先入観として思っていた私ですが、この曲を見事に演奏しきった彼らに、生意気ながら「上手になたなぁ」と思いました(ONE NIGHT DREAMSのアルバムって、演奏はそれほど・・・・と私は思っていましたので)。それ以来、様々な楽曲に対する見方ができるようになりました。
2006/10/08(日) 13:40:37 | URL | pistondaring #-[ 編集]

演奏の上手い下手が解る程の音楽的素養が無いんですよねぇ・・・。羨ましいかぎりです。
ハモりっぱなしは迫力ありますよねぇ。
僕はCDで聴くぶんには変拍子も好きなんですが、ライブでの変拍子はビミョーです。幻夜祭くらいの変拍子だと拳は振りにくいわ手は叩きにくいわ。でもハードな曲をぼーっと突っ立って聴くのも味気ないし。悩ましいかぎりです。
2006/10/26(木) 02:16:50 | URL | outside_hill #-[ 編集]

熱い歌ですよね。

学生闘争をテーマとした芝居をうったのですが、そのときに、幻夜祭をミュージカルのようにストーリー展開させた芝居の要素を含めたダンスとして使いました。

闘って闘って、傷ついたり仲間が倒れたりするなか、「ああもう一度 走りだしたいー!!」でサビにいくところなんかはピークです。
 
アルフィーの曲ってストーリー性やメッセージ性が強いのが多かったりするので、舞台とかパフォーマンスに使いやすいんです。おもしろいですよ。

2007/09/28(金) 17:07:44 | URL | Noёl #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://outsidehill.blog35.fc2.com/tb.php/38-74e2f51d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
LuxuryMail
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。