そうだ、アルフィーを聴こう

THE ALFEEの曲の感想をちまちまと。コメント&TB大歓迎

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アルバム「AGES」に収録。後にライブ演奏に準拠したアレンジバージョン(「~2003」)も発表されました。

オリジナル版はまさにロックンロール。エレキは控えめ。
A&Bメロは坂崎が、Cメロは高見沢が担当。
桜井色は薄く、カラッとしてます。泥臭くなった「19(nineteen)」って感じかも。

アレンジ版はシングル「タンポポの詩」のカップリング。
テンポアップして、エレキ、アコギ、ベースがバランス良く絡んでます。
ボーカルは坂崎のみ、坂崎と桜井のツイン、坂崎と高見沢のツイン、サビは3人と、色々楽しめます。

歌詞を噛み締めるならオリジナル、ノリを重視するならアレンジって感じですかねぇ。個人的には後者が好きなんですが、CCCDなのが難点です。

DVDは当然アレンジバージョンを収録。
舞台の端まで行き過ぎて、自分のパートに間に合わなくなるコトもしばしば。
「あの頃を今~」の部分で手拍子を促す桜井がメチャメチャ格好良いです。

スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://outsidehill.blog35.fc2.com/tb.php/25-f7df2557
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
LuxuryMail
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。