そうだ、アルフィーを聴こう

THE ALFEEの曲の感想をちまちまと。コメント&TB大歓迎

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Lifetime Love(A)Lifetime Love(B)Lifetime Love(C)
2008年の第一弾(にしてラスト?)シングル。
メインは桜井。
この曲が高見沢がソロを通して得たモノの集大成だとするなら、収穫は非常に大きかったんじゃないかと。

イントロ初っ端のアコギはテレビバージョンよりちょい長いのね。
長いというか1度繰り返しているってワケで。
聴き慣れているせいか、テレビバージョンの方がしっくりくるなぁ。
聴きこめば慣れるのかな?

ここまでアコギとエレキがバシッと共存している曲は久々な気がする。
片方がもう片方の引き立て役になってたり、隠し味になってたりするんじゃなくて、互いに引き立て合ってる感じ。

エレキは音量はいつもより控えめだけど、いつもより凝った演奏な気がする。
サビの「愛してるんだと叫んでみろぉ~♪」の「だ」と「で」のところで入るギターが好き。
「愛してるんだ(ミョーン)と叫んで(ミョーン)みろぉ~♪」って感じの。

アレンジに岸利至が加わるようになってからギターソロのラストのアーミングがどんどん控えめになっていってる気がする。
個人的には好印象。
今回のソロは早弾きに拘らず、全体のイメージにちゃんと合わせた上での格好良さにシフトした感じで、かなりイイと思う。

「I must carry on,Lifetime Love」の部分の詞とメロディーの合いっぷりが何度聴いてもゾクゾクくる。
ラストのサビで桜井が一段と声を張るところも痺れます。

Aメロのラストが「LIVERTY BELL」だったり、サビのラストが「明日の鐘」っぽかったりするけど、まぁ同じ人が作ってるワケだし。
個人的にはメロディーだけじゃなく、詞とかアレンジとかボーカルとか全部ひっくるめて一曲だと思うから、フレーズの流用(というか作曲の癖?)は別に構わないです、はい。

シングルだからクレジットは無いけど、タイミング的にはキーボードはただすけなのかな?
だとしたら1人替えるだけで随分印象が変わるねぇ。あ、良い意味でですよ。
あえて急に馘首にした甲斐はあったと思う。
もし山石敬之最後のサポートならば、最後の最後でイイ仕事をしたなと思いますが。

ドラムもようやく吉田太郎である必然性のある曲になったんじゃない?
長谷川浩二より手数が少ないからこその「Lifetime Love」だと思う。
まぁ音楽的素養ゼロな人間の感想だから当てにはなりませんが・・・。

結成35周年の節目でコレを持って来られると、今後が楽しみで仕方ありません。
スポンサーサイト
コメント

この曲のギターのイントロの弾き方を教えてください
2009/02/14(土) 14:32:31 | URL | グール #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://outsidehill.blog35.fc2.com/tb.php/176-252cbf93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
LuxuryMail
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。