そうだ、アルフィーを聴こう

THE ALFEEの曲の感想をちまちまと。コメント&TB大歓迎

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
純情可憐乙女模様
さて、ただでさえ訪問者の少ないこのブログ。
この曲を聴いたコトのある人なんてホント限られるんじゃないかと。
っていうかいるのか?

作詞曲が高見沢。
「木枯らしに抱かれて」と「夢のチカラ(高見沢版)」を足して2で割ったような曲。
アルフィーっぽいというよりは、「主義」の頃の高見沢ソロっぽい感じかな?
決して嫌いな曲調じゃないんだけど、なんか手癖でちゃちゃっと作ったような印象を受けます。
歌詞も別に面白くもないし、そりゃ知名度は低いわな、って曲だねぇ。

アレンジは武部聡志。
95年の曲なのに「DNA -Communication-」(89年)で武部聡志が担当した曲っぽい音。
95年の曲だってのを踏まえてもミョーに古臭いのよね。
まぁアイドル用だからこんなヌルイ音で作ったのかもしれないけど。

もしセルフカバーするなら「Endless Dream 2007」くらいに強烈にリアレンジして欲しいものです。
絶対にセルフカバーしないだろうけどね。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://outsidehill.blog35.fc2.com/tb.php/167-da614059
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
LuxuryMail
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。