そうだ、アルフィーを聴こう

THE ALFEEの曲の感想をちまちまと。コメント&TB大歓迎

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
89年のアルバム「DNA Communication」収録。
高見沢ボーカルのバラード。

今までずっと高見沢のソロアルバムネタで引っ張ってきたのに何故に突然この曲なのかといいますと、今日は僕の誕生日なワケでして。
アルフィーで誕生日っぽい歌詞が入ってる曲ってコレしかないのよね。

高見沢ボーカルとしては低め。
コレくらいのキーが高見沢に丁度良いと思うんだけどなぁ。
最近の高見沢はキーの高さばかりに腐心してて音程とかリズムにおざなりな気がする。

こういう感情込めまくりの高見沢バラードはグッとくるよね。
去年の武道館千秋楽で披露されたけど、武道館ライブのDVDはここ数年かなり滞ってるのよね。
あんまり演らない曲あり、ビートボーイズありと結構選曲も面白いから是非とも発売して欲しいものです。

スポンサーサイト
コメント
この曲も大好きです。
久しぶりに書き込みします。

私、この曲の入ったCDを、アルバムとして初めて購入したので、特別な思い入れがあります。その中でもこのバラード曲が、当時の自分の状況に対して(少し恋愛に対して臆病だった時期)、感情というのか分かりませんが、非常に共感するものがあり、CDに穴が開くほど聞き込みました。私はピアノが少し弾けるので、よくこの曲を弾きましたが、キーがG♭でかなり弾くのが大変だったと記憶しております。
後のバラードアルバムのテイクだと、自分的には少しスネアドラムの音が派手すぎる感じがして、DNAのオリジナルのテイクが大好きです。
今聞いてもやはりグッとくるものがあります。
今の若者たちはこの曲の、特に歌詞の部分に対してどのような感想を持つのでしょうか?
私には、この歌詞の表現が自分的に自己満足的な部分があるにしても美学を感じますが、
今の若者はもっとストレートなものを「美学」とするのでしょうか?なにか奥ゆかしさのかけらも無いというか・・・

アルコールを嗜みながら書き込みしているので、乱筆・乱文は勘弁願います。
2007/09/24(月) 23:00:58 | URL | pistondaring #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://outsidehill.blog35.fc2.com/tb.php/135-8f13a7cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
LuxuryMail
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。