そうだ、アルフィーを聴こう

THE ALFEEの曲の感想をちまちまと。コメント&TB大歓迎

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高見沢俊彦ソロアルバム「Kaleidoscope」の2曲目。
作詞はみうらじゅん。

個人的には今回のアルバムで一番意外な人選であり、尚且つ一番楽しみだったコラボがこの曲。
期待通りのデキでした。
阿修羅だの弥勒だの凄まじい歌詞です。
高見沢じゃ何年経っても書けない詞です。
薬師やら普賢やらについて多少なりとも知識があった方がより歌詞を楽しめます。

でもコミックソングじゃなくて、曲も歌詞も歌い方も至極真面目です。
だから非常に格好良く仕上がってます。
このアルバムでは数少ないアコギ使用曲。
「エルドラド」を髣髴とさせるような感じ。

高見沢の曲を沢山聴いてる人だと、歌詞カードを見るだけで最後のサビの「阿修羅」のアレンジが予想できちゃいます。
それを持ち味ととるか、意外性が無いととるか。
まぁ歌詞が意外性に溢れまくりなんで些細なコトですが。

スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://outsidehill.blog35.fc2.com/tb.php/121-fcfb3d3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
LuxuryMail
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。