そうだ、アルフィーを聴こう

THE ALFEEの曲の感想をちまちまと。コメント&TB大歓迎

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Fantasia
高見沢の2010年ソロアルバムの一曲目。
綾小路翔が作詞、ギターソロでマーティー・フリードマンが参加。

イントロのシンセがキャッチー。
で、素直に格好イイ感じに見せかけて、面倒くさい展開をしていくイントロ。
最初は何が起きているのかよく解らないうちに歌が始まりました。
でも手の込んだ凝ったイントロは聴けば聴くほど味が出る。

歌詞は高見沢でも書けなくもなさそうな、外注の意外性の薄い感じの詞。
でも2コーラス目の「奏でようFantasia」ってのは、このアルバムの初っ端って位置や、後々「Fantasia」って曲が出てくる構成ととてもマッチしていてイイ感じ。

「つい~おくの」とか、「ほし~ぞらの」とかのギリギリな感じがツボ。
ライブだと音を外すか、がなりに逃げるかしちゃいそうだけど、是非とも頑張って欲しいところ。

マーティーもどうせ参加してくれるなら、もうちょっと弾いてくれてもイイのに。
まぁどっちサイドの都合かは知りませんが。
スポンサーサイト
LuxuryMail
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。