そうだ、アルフィーを聴こう

THE ALFEEの曲の感想をちまちまと。コメント&TB大歓迎

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あと1時間ちょいちょいで出かけるワケですが、寒すぎないかい?
23区内の我が家がこの気温なんだから、現地が暖かいワケもなく。
もう6月になろうとしてるってのにねぇ?
あぁ寒い。
スポンサーサイト

桜井の声の調子が抜群な一枚。
収録時間はやたらと短いのは何故かしらん?

高見沢がお色直しをする度に衣装のセンスがビミョーになっていくのはご愛嬌。

いつものように、細かい話はコチラで。
高見沢のソロシングルは3パターン用意されるみたいね。
アルフィーと違って連続TOP10記録とかも関係無いんだから、1パターンで良かったんじゃない?
せめてDVD付きか否かで2パターンにしておくれよ。

詳細は判んないけど、きっとカップリングが違うだけでしょ?
3000円で4曲。
痛い出費ですぞ。

せめて3000円で5曲くらいにはして欲しいんだけど、無理かなぁ?

当日の僕の座席は北西だったんで舞台上の演出はサッパリ。
3年越しでようやく正面からの様子が判りました。

半分くらいの曲が大宮2000本ライブのDVDと被ってます。
で、その曲はバラードだったりプログレだったりで画的に面白く無いのばかり。
2000本DVDを持っている人にとっては結構しんどいのかも。特に中盤8曲連続で被ってるあたりが山場です。
少なくとも僕はしんどかった。2000本のを割と最近観ちゃったってのもあるかも。
でも「この手の曲ならどれだけ被っても大歓迎」って人もいるだろうから、僕の意見が少数派かもしれないけどね。

序盤は結構入れ替わってるし、後半のメドレーは殆ど全とっかえだし、ラストの曲では長谷川浩二の歌声も聴けるしと大盤振る舞いです。
被る被らないも単品で見れば影響は無いワケだしね。

カットも少なめでイイ仕上がりだと思います。

例によって詳細はコチラ。
NHK初日のチケットが届きまして。
どうやらコレがMy初日で確定です。

で、今年もまたしても3階。
2年連続で3階席ですが、去年は最後列から2つくらい前でしたが、今回はそれよりはもう少し前に。
コレは大きな進歩です。

最近チケット運がありません。
別に他のコトで運が良いってワケでもないんですけどねぇ・・・。

2000本ライブの抽選で運を使い果たしちゃったのかな?
かもしれないねぇ・・・。
参加出来るだけでも有り難いのに、座席は1階の一桁列だったし、ピックまでゲットしちゃったしねぇ。
まぁそのうち運も向いてくるコトでしょう。

とはいえ、お目当てのアーティストが毎年ツアーをしてくれて、どうにかこうにか自分も参加出来てるワケだから、十分幸運だとは思いますです、はい。

My初日まであと約2週間。
楽しみですなぁ。
今年も高見沢ソロをするそうで。
シングルを出すそうで。
ライブもするそうで。
ツアータイトルは「鋼鉄天使の凱旋」だそうで。

「鋼鉄天使」ってくらいだからハードな曲がメインなんでしょ?
大丈夫かい?
去年と全く同じ曲目になったりしちゃわないかい?

去年はアルバム1枚全曲演って、シングル曲演って、前のアルバムの曲も演って、未収録曲も演って、カバーも演って、長~いインスト曲まで演ったのに、2曲を2回まわしする結果に。
今度の新曲だって多くて3曲でしょ?
果たしてどうなるコトやら・・・。

チケットはアルフィーのチケットサイズに準拠してくれると嬉しいなぁ。
去年の細長いアレはオールコンプリートでもしない限りは有り難味が無いよ。
あとグッズはもう少し男性ファンもいるんだぞってコトを考えて欲しいなぁ。
まぁライブに行くかどうかも判りませんが。

とりあえずニューシングルに期待するとともに、それだけ創作意欲があるのならアルフィーでも年内にもう一枚くらいシングルを出して欲しいなぁと思います。

146分の大ボリューム。
でもカットの嵐。
やっぱりDVDは限界だって。

久しぶりに非ヅラミー。
高見沢が飛んだりビートボーイズが登場したりと盛りだくさん。

曲目とか個々の感想とかはコチラ。

139分収録。
夏イベと比べるとかなりの費用対効果です。
とはいえ、コストを回収するのが大変ならチケットをもうちょっと値上げしてもイイから夏イベをして欲しいなぁ。

閑話休題。

特典映像としてコントが収録されてるけど、権利の関係でS&Gとツェッペリンの曲は収録出来なかったそうで。
要するに魅せ場もオチも漏れなくカットってコトでして。
オチの無いコントほど見てて厳しいものはないぞ。
こんな尻切れトンボを収録するくらいなら一曲でも多くフルコーラスで収録しておくれよ。

曲目とか個々の感想とかはコチラ。
My初日までまだまだ間があるのでネタバレに怯えまくりな今日この頃。
でもネット上のネタバレは自分の努力で回避出来るのよ。
むしろ一番の敵は自分の好奇心だったりするワケで。

じゃあ一番怖いネタバレは何じゃらほい?
皆様それぞれあるコトでしょう。
雑誌のライブレポが怖いとか、メンバーのラジオ番組が怖いとか色々あるコトでしょう。

じゃあ折角だからクイズ形式にでもしてみましょうか。
あ、別に当たったからどうとかは特に無いです。
ただ単にブログの「追記機能」を使いたくなっただけです。

問題:僕が一番怖いネタバレってどんなのでしょう?

考えた?
解った?

正解は続きで。
続きを読む

DVDが届きまして。
個別の感想は時間がかかるので追々書くとして、今回はとりあえず全体の感想をば。

曲によってザックリ編集されてたりフルコーラスで収録されてたり、曲目一覧を見るだけでは安心出来ない感じ。
「あ、私の大好きな○○が収録されてるぅ。買ってみよ♪」って思って買ったのに、再生してみたら1コーラスしか収録されてなかったりしたらガッカリだろうねぇ。
2003年の「戦場のギタリスト」なんてOPナンバーなのに2コーラス目から収録で可哀相だねぇ。
曲に関してはそんな感じだし、照明の加減によってはブロックノイズも結構目立ったりで、そろそろDVDは限界なんじゃない?
規格競争に決着ついたんだから頑張って欲しいなぁ。東芝グループから離れたワケだしね。
矢沢も気付いちゃったんだから、アルフィーもそろそろ気付いちゃおうよ。

1コーラスだけ収録だったり、全部カットだったりする曲が大量にある中、4枚全てに「星空のディスタンス」と「至上の愛」が収録されてます。
「星ディス」は曲の性格上皆勤賞もやむなしといった感じだけど、「至上の愛」の皆勤賞の意味が解らない。
3枚に収録されてるのもあるし、もう少しバランス良く収録出来なかったものかと。

ただ、2005年と2006年の2枚で曲がダブっているのはある意味では非常に興味深い。
前者はドラムが長谷川浩二とそうる透。
後者のドラムは吉田太郎とそうる透。
長谷川浩二と吉田太郎の比較が出来て面白い。
個人的には長谷川&そうるの方が聴き応えがあると思うけど、それこそ05年の長谷川浩二と06年の吉田太郎との間に差が無かったら問題だもんねぇ。同じレベルで叩かれたら長谷川浩二の立場が無いもん。
まぁ吉田ドラムもちょっとずつシンバルが増量したりしてるから、今後に期待しませう。
LuxuryMail
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。