そうだ、アルフィーを聴こう

THE ALFEEの曲の感想をちまちまと。コメント&TB大歓迎

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気が付けば随分更新をサボっていましたねぇ。もう一個のブログは毎日欠かさず更新してるのになぁ・・・。

今日はアルフィーのニューアルバム&ニューDVDを買ってきました。
アルバムの感想はコチラ
DVDは大宮ライブ。僕も参加してたんで、一時停止して探してみようかな。
スポンサーサイト
アルバム「ALFEE'S LAW」に収録。桜井ボーカルのハードロック。

アルバムを作っていた当時高見沢はこの曲の次に「恋の炎」を収録したかったみたいです。まぁ余りにもハード過ぎってんで止められたそうですが。

おもいっきり「Kill the King」な曲だけど、高見沢が「Kill the King」を知らないワケないから、きっとわざとなんだろうねぇ。

いつになっても桜井は舌滑がイイなぁと思わずにはいられない曲。高見沢じゃ絶対に舌が回んないだろうなぁ・・・。
特に3コーラス目の早口っぷりが格好良い。

昔のライブ映像をDVDで観ると、原曲の1.5倍速で演奏してる姿が。異常に早口な歌になってます。
特に「10回目の夏」なんか猛スピードです。
アルバム「FOR YOUR LOVE」に収録。桜井ボーカルのハードロック。

3コーラスで構成されてるんですが、それぞれに違うコーラスワークを披露。
ハードだけど構成は割とシンプルなんで聴きやすいんでないかと。
キーも高いし歌詞もつまってるしで、桜井は血管浮かせながら頑張ります。

アルバムとDVDのジャケットが公開されましたね。発売日が近づいているコトを実感しますねぇ。
79年のアルバム「TIME AND TIDE」に収録。

ヘヴィーです、歌詞が。「追想」もなかなか重たい曲だけど、それでも前向きに生きていこうと決意する歌だもん。でもコレは楽しかった生活が壊れていく歌。負の方向へズブズブと・・・。
この曲も落ち込んでるときは避けたほうがイイかも。

1コーラス目を坂崎、2コーラス目を桜井、3コーラス目を高見沢が担当。

LuxuryMail
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。