そうだ、アルフィーを聴こう

THE ALFEEの曲の感想をちまちまと。コメント&TB大歓迎

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高見沢ソロアルバム「Kaleidoscope」収録。
作詞作曲編曲高見沢俊彦。

「千年ロマンス」の後がコレなんだけど、「高見沢が自分でこういう詞が書けるなら、綾小路翔に外注する必要はあったのかい?」と思っちゃうのよ。
まぁ本人曰く「千年ロマンス」に触発されて書いた詞だそうだから、「千年ロマンス」がなきゃ生まれなかったのかもしれないワケで。
そうするとやっぱり外注した甲斐があったのかなぁとも思うワケで。

「高音おじさん」と並んでギターとドラムがえらいスピードです。
ギターはルーク、Anchang、KOJIとサポートメンバー揃い踏み。
高見沢も加えて4本のギターの音は厚みがありますなぁ。
皆様早弾きご苦労様です。
有明コロシアムでも4人が揃うそうで、楽しみですねぇ。

スポンサーサイト
「ARCADIA」収録の高見沢ボーカルの曲。

最初のアコギで油断させておいて、実はやたらとハードな曲。
1コーラス目のサビの「奏でながら」の歌い方が大好きです。
「かなでぇ なあがら~」の「ぇ」の部分が特にシビれます。
もの凄く一般受けしなそうな感想ですねぇ・・・。

あ、最後のシャウトも勿論好きです。
濃い曲ばかりのアルバム「夢幻の果てに」(99年)のラストを飾る高見沢ボーカルのバラード。

個人的にはかなりグッとくる名曲です。歌詞、曲調、歌声の全てがたまりません。
コーラスは抑え目。

DVDでは「確かに For Your Love」からの流れが完璧です。照明効果もイイ感じだし、最後の「君の優しさと……強さを」のタメがゾクゾクきます。

アルバム「JOURNEY」収録。ボーカルは艶やか桜井。

ロックバラードって括りでイイのかなぁ・・・。でもロックバラードって程はロックっぽくないし、ロックバラードって程バラードしてるワケでもない不思議な曲。
サビは高見沢とのツイン。基本的に大人しく歌ってますが、ラストは力強い絶叫系コーラス(?)です。
一方坂崎色は薄いです。

「JOURNEY」でしか聴けないし、映像にもなってない意外とレアな曲。レアだけどイイ曲です。

アルバム「Going My Way」に収録。桜井ボーカルのクリスマスソング。

作り始めてから完成するまでに何年もかかったいわく付きの曲(笑)。
坂崎ボーカルの「聖夜」とは違ったかなり趣の違う曲。まぁバラードなうえに桜井ですからねぇ。しっとり艶やかボーカルです。

たぶんコレもクリスマスにしか披露しないのではないかと。
DVDには未収録です。

LuxuryMail
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。