そうだ、アルフィーを聴こう

THE ALFEEの曲の感想をちまちまと。コメント&TB大歓迎

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Fantasia
高見沢の2010年ソロアルバムの一曲目。
綾小路翔が作詞、ギターソロでマーティー・フリードマンが参加。

イントロのシンセがキャッチー。
で、素直に格好イイ感じに見せかけて、面倒くさい展開をしていくイントロ。
最初は何が起きているのかよく解らないうちに歌が始まりました。
でも手の込んだ凝ったイントロは聴けば聴くほど味が出る。

歌詞は高見沢でも書けなくもなさそうな、外注の意外性の薄い感じの詞。
でも2コーラス目の「奏でようFantasia」ってのは、このアルバムの初っ端って位置や、後々「Fantasia」って曲が出てくる構成ととてもマッチしていてイイ感じ。

「つい~おくの」とか、「ほし~ぞらの」とかのギリギリな感じがツボ。
ライブだと音を外すか、がなりに逃げるかしちゃいそうだけど、是非とも頑張って欲しいところ。

マーティーもどうせ参加してくれるなら、もうちょっと弾いてくれてもイイのに。
まぁどっちサイドの都合かは知りませんが。
スポンサーサイト
Kaleidoscope
Kaleidoscope

高見沢ソロアルバム「Kaléidoscope」収録。
作詞作曲高見沢俊彦。
元々は真琴つばさのために書いた曲。
当時より歌詞が増えてるみたい。
まぁ元歌をじっくり聴いたコトがないから何処が増えたところなのかは判んないけど。

元歌は随分スローテンポでキーも低め(低音おばさん?)。
でも「~2007」はテンポは速いしキーも高い。
アレンジも格好良い。
格好良いというか、アイアン・メイデン。
コーラスも疾走感溢れてます。

でもセルフカバーで「~2007」ってするのはあんまり好きじゃないなぁ。
自分じゃ一度も歌ってないんだから「Endless Dream」のままでイイじゃん?
千年ロマンス(Bタイプ)
高見沢俊彦
EMIミュージック・ジャパン (2007/07/04)
売り上げランキング: 57

「千年ロマンス」のカップリング。
「お爺」じゃなくて「王子」です。

「ONE -Venus of Rock-」終盤の「Change」とか「Shout」とかの流れで作った感じの曲。
「Change」が桜井で、「Shout」が坂崎で、もし高見沢ボーカルでもう一曲入れるならコレかなって感じ。
どう聴いてもアルフィーサウンドです。
だからサビで2人のコーラスが入らないコトがビミョーに寂しかったり。

曲に合わせた肩肘張らない歌詞なんで、コレがアルフィーに上手くフィードバックされたら面白いんじゃないかと。
劇場版「美味しんぼ」のテーマ曲。
BEAT BOYS名義で出された桜井のソロ曲。
どのアルバムにも収録されてないし、ディスクが8cmだった頃のシングルだから新品は入手不可能だしとファン泣かせな曲。

歌詞は外注。
映画の内容にあってるんだかあってないんだかビミョーな詞。
新鮮だけど意味の解らない詞ですわ。

打ち込み多用なのが時代を感じます。
でもメロディーはイイ感じ。

収録されてるDVDは方々で売ってるけど、CDは見つけたら即ゲットしましょう。

96年のアルバム「LOVE」に収録。ボーカルは坂崎。

タイトルでラブソングと見せかけておいて、実はメッセージソングだったりする曲。「涙流れたら 涙を拭いて 涙に負けずに 立ち上がれ!」なんてゾクゾクきませんか?
アウトロがおよそ1分半。力入ってます。

DVDには軽くグレードアップ(?)したバージョンが入ってます。「私達の望むものは~」ってコーラスから始まるやつ。

83年のアルバム「ALFEE」に収録。ボーカルは高見沢。

当ブログでは「エーディー イチキュー キュー キュー」と読むことにします。
ちなみに「A.D.」とは「Anno Domini」の略です。ラテン語で「主の年」という意味。

アルバム「orb」にはニューテイクを収録。オリジナルよりキーとテンポが上がってます。高見沢以外には歌えない高音になってます。
オリジナルはポップな感じのロック。コーラスも「う~う~う~♪」とか穏やかです。
orb版はストリングスも加わってハードかつ壮大になってます。「震えるこの手で」のあとの掛け声の掛け合い(ややこしい)が好き。

83年に作られた曲が99年になっても21世紀になっても歌い続けられるってのは凄いコトではないですかねぇ?

orb版とMillennium Versionの違いはそんなにないです。
定番曲なんでDVDにはよく入ってます。

アルバム「orb」収録。ボーカルは高見沢。キーが高いのなんの。

「AUBE」ってのはフランス語で「夜明け」って意味です。
歌詞はコッテコテ。アルフィーばっかり聴いてるとマヒしてきますが、相当に甘い歌詞です。

全編を通して入っているストリングスが格好良い。
3コーラス目への盛り上げ方がたまりません。

94年のシングル曲。アニメ「モンタナ・ジョーンズ」のEDテーマ。
高見沢ボーカルのバラード。

「エルドラド」ってのは「黄金郷」って意味だったような気がする、たぶん。
イイ曲なんですが、「モンタナ」の視聴者層の子達には受け入れられなさそうな感じも・・・。別にミスマッチってワケじゃないよ。えてして子供はバラードって嫌いでしょ?

英語詩で歌うバージョンもあり、タイトルは「El Dorado」
まぁアルファベット表記になっただけですけどね。

シングルコレクションなら2バージョン共に収録されてます。
映像は「LOVE & PEACE A DAY OFPEACE Aug.15」のみ。

LuxuryMail
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。