そうだ、アルフィーを聴こう

THE ALFEEの曲の感想をちまちまと。コメント&TB大歓迎

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Golden Rules~24時間1000曲ライヴ達成記念アルバム
作詞作曲高見沢ってコトで、もうド直球の高見沢ソングです。
99年の曲だからか、音は「Beginning Of The Time」に近い感じだし、曲調も桜井メインのマラソング系。非常に格好良いです。
構成も思いっきりアルフィー。
ここまで自分の色を前面に出したプロデュースはそうそうお目にかかれません。
一切手を加えずにこのまま違和感なくカバー出来そうです。

アレンジは高見沢と是永巧一(よく存じ上げません)。
誰かと組んで編曲すると大抵デジタル音が加わる気がします。
イントロは「Dear My Life」風。
まぁこっちの方が先ですが。

歌詞も「らしさ」は溢れているものの新鮮です。
「○○に近い感じの歌詞」というよりは、あらゆるアルフィーソングの歌詞を詰め込んだ感じ。
サビの歌詞はちょい沢田研二風ですが。

褒めまくりだけど、一方で99年の負の面も持っていたりして。
「希望の鐘が鳴る朝に」のラストが「勝つために~♪」
「Justice For True Love」のラストが「君だけのた~めに~♪」
で、この曲のラストは「君はまだ負けてない~♪」
文字だとイマイチ伝わりにくいけど、同じような感じの締め方なのよ。少なくとも僕はそう思うワケで。
まぁこの病気は「太陽は沈まない」で再発しましたが・・・。

水木一郎は高見沢がプロデュースした中で相当歌の上手い人だから非常に聴きやすい。
ただここまで高見沢節が全開だとわざわざ水木一郎に歌わせる必要があるのかって気もしますが。
ともあれ、是非ともセルフカバーして頂きたい一曲です。
スポンサーサイト
SCOPE
作詞曲が高見沢。
編曲は上野圭一。

アイドルに無茶な歌を作るのがお好きなようで、この曲もA、B、Cとメロディーが進むにつれてどんどん音が高くなっていきます。

歌詞はいつもの高見沢な感じでありつつ新鮮味もあります。
が、何故にタイトルが「MAGICAL:LABYRINTH//」なんだろうか?
魔法っぽくも迷宮っぽくもない歌詞なんだけどねぇ・・・。
タイアップアニメの世界観に合わせたのかな?

デジタルな音満載。
「デジデジしたアレンジ」とかいうレベルを遥かに通り越して、スーパーファミコンの内蔵音源みたいな感じになってます。

デモテープの時点では高見沢が歌っていたそうで、是非ともセルフカバーして欲しいところ。
アレンジを変えたら結構イイ線いくんじゃない?
歌詞は高見沢向きだけど、桜井ボーカルで聴きたいメロディー。
特にサビなんかは桜井に歌わせたら気持ちイイと思うなぁ。
純情可憐乙女模様
さて、ただでさえ訪問者の少ないこのブログ。
この曲を聴いたコトのある人なんてホント限られるんじゃないかと。
っていうかいるのか?

作詞曲が高見沢。
「木枯らしに抱かれて」と「夢のチカラ(高見沢版)」を足して2で割ったような曲。
アルフィーっぽいというよりは、「主義」の頃の高見沢ソロっぽい感じかな?
決して嫌いな曲調じゃないんだけど、なんか手癖でちゃちゃっと作ったような印象を受けます。
歌詞も別に面白くもないし、そりゃ知名度は低いわな、って曲だねぇ。

アレンジは武部聡志。
95年の曲なのに「DNA -Communication-」(89年)で武部聡志が担当した曲っぽい音。
95年の曲だってのを踏まえてもミョーに古臭いのよね。
まぁアイドル用だからこんなヌルイ音で作ったのかもしれないけど。

もしセルフカバーするなら「Endless Dream 2007」くらいに強烈にリアレンジして欲しいものです。
絶対にセルフカバーしないだろうけどね。
LuxuryMail
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。