そうだ、アルフィーを聴こう

THE ALFEEの曲の感想をちまちまと。コメント&TB大歓迎

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月姫(パターンC)
コレまた「月姫」のカップリング。
ずーっと前のソロ活動の際にライブでのみ披露されて、去年のソロツアーで「07」バージョンが披露されて、今回ようやく「08」ってコトでCDに収録。
作詞作曲高見沢で、アレンジが高見沢&岸。

あんまり好きじゃないのよね、コレ。
歌詞も何が言いたいんだかよく解んないし。
7分半もあるし。
とはいえ、別に駄曲だとは思わないのよね。
好みの問題なんだろうねぇ・・・。

どうせ「08」と銘打つのなら、去年のとは全然違う感じのアレンジにして欲しかったなぁ。
「終わりなきメッセージ」の2007年バージョンくらいガラッと変えて欲しかったのよ。

でもこの曲のギターは好き。
イントロの「んーぱっぱー♪」って音も新鮮。

今年のソロ活動で発表した4曲の中ではコレが一番安定した歌声かと。
スポンサーサイト
月姫月姫月姫
作曲は高見沢だけど、作詞はANCHANG。
真剣さとバカバカしさが合わさったイイ感じの詞です。
「サファイアの瞳」ってのはファンサービスかな?

アルフィー本家では最近お目にかかっていない非常にメタルメタルした曲。
アルフィー云々の前に、ゴールデンの音楽番組でこの手の曲が流れてくるってのが結構衝撃的だもん。
コレが売れたら本家の曲ももう少しバラエティー豊かになったりするのかな?
そうだとイイなぁ・・・。

テレビ版ではカットされてる部分のイントロが格好良い。
間奏も凝り凝り。赤い薔薇な感じのフレーズが入ってるのもサービスかい?
間奏に限らず全体的に凝りまくったアレンジは好印象。
サビのストリングスが堪りませんなぁ。
1コーラス毎に「knock down!」が増えていくのが高見沢らしい。
フェードアウトしないでビシッと終わってくれるのは非常に嬉しいところ。
ドラムはライブでのツイン体制が非常に楽しみ。

個人的にはラストコーラスが好き。
「愛ならばくれてやる♪」のあたりの盛り上がりがイイ感じ。

ソロツアーではコレとかメタル白夜とかを連日歌い続けるワケでしょ?
最終日まで喉は保つのかい?
あと首も大事にね。
20世紀最後のシングル曲。
アルフィー初のマキシシングルは桜井ボーカル。

「愛」も「恋」も出てこない詞に桜井の伸びやかな声が栄える栄える。
受験前には個人的にかなりのヘビーローテーション曲でしたよ。

30周年アルバムにはリミックス版を収録。
間奏が少しソリッドに。

アルフィークラシックスでは「恋は魔術師」と抱き合わせ(?)
物凄い融合っぷりだけど、ボーカルを入れないんなら、「Never Fade♪」ってコーラスも要らないんじゃないかなぁ・・・。

色んなDVDに収録されてるけど、やっぱり06年の夏イベがベストでしょう。
前奏で高見沢転倒→エンジェルギターがアゴを直撃→演奏中断
衝撃の爆笑映像ですよ。
ホントよく転ぶ人です。
「ONE -Venus of Rock-」収録。

2曲目は坂崎ボーカル。初っ端の太鼓にビックリ。
「アー、アー」ってコーラスは入っておりません。

今までのアルフィーにはあんまり無かったフォーク調の曲。
力強くジャカジャカ弾くのはありそうで無かった感じ。

去年の秋ツアーは武道館3日目にのみ披露。
いや~生で聴けてホント良かったわ。
秋ツアーの何よりのサプライズでした。

今年もマラソンの季節になりました。
ボーカルは桜井でしたねぇ。

初っ端のキーが低いのなんの。
その次のキーが高いのなんの。
高見沢は相変わらず無茶な要求をするねぇ・・・。

歌詞は世相を反映した感じでした。

シングルが最近マンネリ化してる一方で、マラソングは多少なりとも新しいコトをしようとしているのよね。
バラードよりもこういう曲をシングルにした方がイイと思うんだけどなぁ。

ところでコレはいつ頃CD化されるんでしょうか?
高見沢のソロアルバム「Berlin Calling」に収録。
アコギ曲。勿論ボーカルは高見沢。

作詞作曲は高見沢だけど、アルフィーの曲とは微妙に雰囲気が違って新鮮。
メインもコーラスも歌声は全て高見沢。コレも新鮮。でもやっぱり桜井&坂崎のコーラスがついたのも聴いてみたいと思ってしまうのはファンの性?

アルフィーのライブで披露したりはしないんでしょうかねぇ・・・。
80年のアルバム「讃集詩」に収録。ボーカルは高見沢。

重た~いフォークソングです。元気があるときに聴きましょう。落ち込んでいるときに聴くとほんのり死にたくなってしまうような歌です。

一応どん底から這い上がっていく歌ではあるんですが、何せ手首を切る歌ですからねぇ・・・。
消え行く意識がどうのこうのとか、手首の傷がどうのこうのとか。

ライブ版も出てます。間奏のアコギがとても格好良い。

98年のアルバム「Nouvelle Vague」に収録。ボーカルは高見沢。

「Nouvelle Vague」はフランス語で「新しい波」って意味。
なんていうか、アルフィーを初めて聴く人には歌詞もメロディーもオススメできない感じ。フランス革命だし、前奏1分半あるし、プログレだし、ボヘミアンラプソディーだし。
その反面クラシックにはベストマッチ。アルバム「THE ALFEE CLASSICS Ⅲ」の一曲目を飾ってます。

たまに聴きたくなるけど、日常的に聴くと疲れちゃう曲。

99年のアルバム「Orb」収録。坂崎ボーカルのロック。

前奏のドラムとエレキの絡みが素敵。気合入りまくりです。
ハードな曲なのにちゃんとアコギも聴こえます。
がっちりコーラスが付けられてますが、何よりもラストコーラスの「Crash out」と「Flash back」が格好良いです。

89年のアルバム「DNA Communication」に収録。ボーカルは一応桜井。結構コーラスががっつり入ってます。

エレキとアコギが絡みまくります。最近の邦楽界ではアコギがブームな感じですが、こんなにキモチワルイ曲(褒めてますよ)に仕上がった曲は類を見ません。「神経衰弱」の名は伊達ではないようです。絶妙なコーラスワークの為せる技。とても「星ディス」を歌っているのと同じグループだとは思えません。
ラストのアカペラで「Nervous Breakdown」を連呼するところ。数を間違えたりしないのかな?

LuxuryMail
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。