そうだ、アルフィーを聴こう

THE ALFEEの曲の感想をちまちまと。コメント&TB大歓迎

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高見沢ソロアルバム「Kaleidoscope」4曲目。
作詞はリリー・フランキー。

リリー・フランキーが書くってコトでどうなるやらと思ったけれど、凄くイイ詞が出来上がりました。
DVDでインタビューに応えてたリリーは格好良かったもんね。
アルバム中で最も所謂「良い曲」だと思います。
「みんなのうた」とか子供向けアニメのエンディングテーマとかにピッタリではないかと。

歌詞に「まんなかの心が何故か歪んでるような気がしないかい」ってのは坂崎のコトかい?
穿ち過ぎですわな。

テレビで「千年ロマンス」ばっかり歌ってないで、もうちょっとこっちも歌えば良かったんでない?

スポンサーサイト
千年ロマンス(Bタイプ)
高見沢俊彦
EMIミュージック・ジャパン (2007/07/04)
売り上げランキング: 57

高見沢俊彦初のソロシングル。
作詞は綾小路翔。

歌詞はゼウスだのオルフェウスだの神話の単語を「てにをは」で繋いだ感じで、この程度ならわざわざ外注に出す必要は無かったんじゃないかと。
高見沢らしい詞かもしれないけど、綾小路翔である必要は無い詞だと思うなぁ・・・。

でも曲は好き。
アルフィーのときのような転調転拍子の嵐ってワケじゃないので、シングルカットするには相応しい曲調なんじゃないかと。
リズムギターが意外に新鮮でした。
87年のアルバム「U.K. Breakfast」収録。
ライブではお馴染みの高見沢ボーカルの曲。
ハンドマイクの高見沢に会場は大盛り上がりです。

全編に渡って古風な打込みを使用してますが、2007年にもなればその古さも一周まわって洒落た感じに聴こえるから不思議。

「こんなに素敵な夜は他にない♪」の「夜」の部分は「夏」になったり「クリスマスイブ」になったりとライブ会場や時期によって変更するコトも。

ソロミニアルバムにはパンクアレンジが収録されてます。
去年の秋ツアーではコチラのバージョンでした。

定番中の定番曲とあって、大量に映像化されてます。
なかでも96年の夏イベは絶品。
高見沢が転びます。
それはもう漫画のようなコケかたです。
走っている姿勢からそのまま90°倒れてます。
横浜では必ず転ぶよね、彼。
アルバム「FOR YOUR LOVE」に収録。桜井ボーカルのハードロック。

3コーラスで構成されてるんですが、それぞれに違うコーラスワークを披露。
ハードだけど構成は割とシンプルなんで聴きやすいんでないかと。
キーも高いし歌詞もつまってるしで、桜井は血管浮かせながら頑張ります。

シングル「100億のLove Story」のカップリング曲。今年の大阪国際女子マラソンのテーマ曲でした。ボーカルは桜井。

31年目の所信表明のような曲。30年の節目を終えて、新たなスタートをってコトですね。
めちゃんこハードロックです。疾走感溢れる熱いメッセージソング。
ほんの少しだけ坂崎のソロが入るコトでその後の桜井の声の伸びや張りが際立ちます。

アルバム「AGES」に収録。後にライブ演奏に準拠したアレンジバージョン(「~2003」)も発表されました。

オリジナル版はまさにロックンロール。エレキは控えめ。
A&Bメロは坂崎が、Cメロは高見沢が担当。
桜井色は薄く、カラッとしてます。泥臭くなった「19(nineteen)」って感じかも。

アレンジ版はシングル「タンポポの詩」のカップリング。
テンポアップして、エレキ、アコギ、ベースがバランス良く絡んでます。
ボーカルは坂崎のみ、坂崎と桜井のツイン、坂崎と高見沢のツイン、サビは3人と、色々楽しめます。

歌詞を噛み締めるならオリジナル、ノリを重視するならアレンジって感じですかねぇ。個人的には後者が好きなんですが、CCCDなのが難点です。

DVDは当然アレンジバージョンを収録。
舞台の端まで行き過ぎて、自分のパートに間に合わなくなるコトもしばしば。
「あの頃を今~」の部分で手拍子を促す桜井がメチャメチャ格好良いです。

アルバム「U.K. Breakfast」収録。ボーカルは坂崎。
読んで字の如くクリスマスソングです。

エレキも使いますが、ロックっていうよりポップスって感じです。激しい転調も転拍子も無く誰でも聴き易いのではないかと。

ライブで歌うのは年に一回だけ。24日の武道館のみです。まぁクリスマスソングを年中歌っても仕方無いですしね。
クリスマス仕様の譜面を見ながら、サンタの格好に身を包んだスタッフさんたち(?)に囲まれて歌います。

24日にしか歌わないけど、24日には必ず歌うんでDVD収録率は結構高め。

LuxuryMail
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。