そうだ、アルフィーを聴こう

THE ALFEEの曲の感想をちまちまと。コメント&TB大歓迎

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Golden Rules~24時間1000曲ライヴ達成記念アルバムタイトル未定(B)
水木一郎に提供した曲。
今度の高見沢ソロシングルのカップリングとしてカバーされるそうな。
まさかの選曲。

90年代アルフィーの王道な感じの曲。
だから高見沢よりも桜井ボーカルでカバーして欲しかったなぁ。
ハードであるのに越したコトはないけれど、別にメタルにする必要は無い曲だしなぁ。
でもまぁどう料理されるのか楽しみです。
スポンサーサイト
KaleidoscopeKaleidoscope~天使の狂宴~
高見沢ソロアルバム「Kaléidoscope」収録。
作詞は浦沢直樹。
このアルバムの作詞家陣で一番意外な人選でした。
個人的にはつんくよりもこっちに2曲書いて欲しかった。

浦沢直樹の世界観というか、どう聴いても「20世紀少年」の世界観。
映画化されるようだけど、主題歌はコレでイイんじゃないかと思う。
むしろこの曲以上に「20世紀少年」に合う曲は無いと思う。
ファンの贔屓目を除いてもオフィシャルテーマソングとしてベストマッチだと思うよ。
まぁどうせテキトーなタイアップ曲かボブ・ディランなんでしょうけれども。

アルバムのラストなんでお約束のバラードです。
ポニーキャニオン時代(「ふたりのGraduation」とか)を髣髴とさせる曲。
キーもそんなに高くない。
やっぱりコレくらいが安定していてイイと思う。
Kaleidoscope
Kaleidoscope

高見沢ソロアルバム「Kaléidoscope」収録。
作詞は向井秀徳。

イントロは転拍子。
本編もこの調子で行ってくれると面白かったのに、残念ながら本編は普通。

「普通」どころか非常に「THE ALFEEらしい」曲。
特にサビなんかは3人で歌ってる姿が目に浮かびます。
1コーラス目、2コーラス目は「アー」ってコーラスをつけて、ラストのサビはそれに加えて3人で歌う感じ。

歌詞は高見沢からは出てこない感じで面白い。
まぁ向井秀徳については全く知りませんが・・・。
アルバム「THE BEST SONG」に収録。ボーカルは坂崎。

1コーラスしかない短い曲。
坂崎のカラッとした声が切ないアコギ曲。
去年の武道館ではジャジーな感じのアレンジで披露。素敵でした。いつ頃DVDが出るんでしょうねぇ?

03年のアルバム「Going My Way」に収録。ボーカルは高見沢。

吉田拓郎を彷彿とさせる字余り気味の詰め込みまくりな歌詞が印象的な強烈なメッセージソング。
「上に立つことだけが人生の目的じゃない 何をどう生きるかがすべてなのさ」って歌詞が好きです。

CDではフェードアウトで終わります。個人的にはビシッと終えて欲しかったんですが、そこらへんはライブで聴けってコトですかね。

一応現時点での最新アルバム。2年半くらい「最新アルバム」の地位にいます。そろそろニューアルバム出ないかなぁ・・・。

新品なのに随分安いねぇ。千円でお釣りが来るよ。
84年のアルバム「THE RENAISSANCE」収録。ボーカルは高見沢。

コーラスで何て歌っているのかサッパリな曲。何語なのかも判りません。
RPGのラストバトルなんかで流れそうな格好良い曲。クラシックにもよく合います。

ライブで聴くのが一番なのではないかと。レコードよりハードになってます。最後の高見沢と桜井&坂崎に別れてのコーラスが格好良い。
ライブの後に聴くと、レコード版はエコーがかかりすぎていて風呂場で歌っているように聴こえます。まぁ好みの問題でしょうけど。

20周年アルバム「夢幻の果てに」収録。最初から最後まで3声コーラスで突っ走ります。

「アルフィーに興味はあるんだけど、どれから聴き始めるのがイイのかなぁ?」とお悩みの方。このアルバムから入るのは如何なものかと思います。名曲揃いですが、濃過ぎる曲ばかりなので評価は「大好き」か「大嫌い」の真っ二つに割れそうな感じ。一曲目から暗いし重いし、相当な鬱展開です。僕も昔は嫌いなアルバムでした。

で、そのアルバムの中で群を抜いて濃厚なのがこの曲。
前奏から変拍子の連続。音楽の仕組み(?)に疎い僕、少し調べてみました。するとイントロは5/8と6/8の繰り返しに3/4が続いて、5/8と6/8の繰り返しに3/4が続き、5/4と6/8の繰り返しに3/4が続いていくみたいです。
歌詞のテーマも学生闘争なんで異様にヘヴィー。

文章じゃどうにもならないんで、どうにかして聴いてみましょう。物凄い衝撃を受けるコトを保証します。聴く価値があるなんてもんじゃありません。こんな凄い曲があるコトを知らないでいるのは人生結構損してます。

生で聴くと感動します。

アルバム「FOR YOUR LOVE」収録。坂崎ボーカルのハードロック。

前奏のシンプルなギターがめちゃめちゃ格好良いです。
桜井&高見沢にもしっかり見せ場(聴かせ場?)があります。

ライブでは坂崎のハンドマイク曲です。
高見沢パートでは仲良く彼と肩を組んでみたり、一本のマイクを仲良く2人で使ったり。

人気曲なんでDVDにもよく入ってます。CDで聴くとバランスが調整されてますが、生では桜井が絶好調。メインボーカルよりも声を張って目立つコトもままあったり。

94年リリースのシングル曲。
不倫している男性の、その相手の女性の気持ちを桜井が歌います(ややこしい)。

ねっとりとしたバラード。泣きのギターが響きます。
ライブでは感情込めまくりで色っぽさ大爆発。めちゃくちゃ艶っぽい歌声です。先入観無しで初めてコレを聴いた人は、まさかオールバックでサングラスをかけたヒゲの強面が歌ってるとは思わないでしょうねぇ・・・。

たまにはイロモノも扱いましょう。
90年のシングル「ふたりだけの夜」のカップリング曲です。
「THE ALFEE」の曲ではなく「BEAT BOYS」の曲です。っていうかマラカス・ブラザーズです。
「『BEAT BOYS』って何?」とかは面倒なんでまた今度。

サカザキとタカミザワが歌うコミックソング(のはず)です。まぁタイトルからしてそんな感じですしね。
ラテンのリズムのラブソング風味です。
1コーラスも壊れ気味ですが、2コーラスのハジケっぷりが素敵です。特にBメロが尋常ではないキーになってます。

シングルジャケットも面白いですよ。一見&一聴の価値有りです。
LuxuryMail
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。